3月13日 防犯講習会について

新入生オリエンテーションにて、警察による防犯講習をお願いしたい、と考えていました。以前にお世話になった日本語学校で実施しており、その重要性を感じていたからです。色々と調べ、連絡を入れよう、としていたところ、警視庁の方が偶然来られ、本当に驚きました。告示校を回っていた、とのことです。オリエンテーションの日に実施できることになり、ほっとしているところです。

外国人がまだまだ犬猿される世の中。その理由には、外国人の犯罪、マナーの悪さがあるのは明らかです。しかし、それは一方で「知らない」ということも大きく影響しているのでは、と、常日頃、思っていました。何が悪くて何をしたらいけないのか、それを教える場がないのです。日本語学校ができることは言語としての「日本語」だけを教える場にするのではなく、彼らに「日本」を教える場とすることではないでしょうか。

当校の理念通り、当校の学生が外国人のイメージを変えられるよう、指導していきたい、と、改めて思う日になりました。